• マイナンバーの対応はアウトソーシング

    マイナンバー制度は行政機関に提出する源泉徴収票や支払調書などに明記が必要なもので会社ではその対応を行う必要があります。


    しかし実際対応を行う場合に考えておく必要があるのがシステムの対応というものだけでなく、安全な運用ということもあります。社内で運用を検討する場合、マイナンバーを取り扱うことができる専任者を決める必要があります。しかし会社では人事異動もあれば退職もあります。
    専任者が異動することができない、退職した場合の対応など様々です。


    またマイナンバー制度の導入にあたって、新たな基準やルールを制定し、セキュリティ強化を迫られることになります。

    マイナンバーの収集の情報ならこちらで掲載されています。

    しかしアウトソーシングをするとそのような専門的な業務の対応に専任者を決める必要もありません。

    朝日新聞デジタルの為になる情報です。

    またアウトソーシングならマイナンバー制度の利用範囲が拡大されたり、法改正などがあっても早く確実に対応をしてもらうことができるのです。
    アウトソーシングは給与計算から行うこともできるのです。

    会社では従業員を採用すると収集しなければならないことになり、退職したら一定期間で削除をしなければならないのです。
    このような収集、保管、管理といったことだけでなく、給与計算から法定帳票にかかわるところまでアウトソーシングを行うことができるのです。

    会社からマイナンバーに関わる情報が漏えいするリスクを減らすことができ、システムを導入する必要もなく少ない費用でアウトソーシングをすることが可能です。