• マイナンバーにも対応したBPOサービス

    BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略です。


    BPOは企業を運営する上での業務や、ビジネスプロセスを外部の専門的にサービスを行っている企業に、業務を委託することです。
    マイナンバーの収集などに関してもBPOのサービスを行っている企業があります。
    企業は正社員はもちろんのこと、アルバイトやパートで働く人も含めて、給与の源泉徴収票の作成、健康保険や厚生年金等の加入手続を行うために、その企業で働いている人のマイナンバーが必要になります。
    給与の支払を受ける側の人や金融機関と取引がある人は、働いている企業や金融機関に自分や扶養家族のマイナンバーを提示しなければなりません。

    マイナンバーのBPOを理解するには正しい知識が必要です。

    BPOサービスを利用する側のメリットとしては、アルバイトやパートが多くいる販売業などの企業が、マイナンバーを短期間に収集することができることです。
    アルバイトやパートは出入りが多く、そのたびに収集し管理することは、企業側の大変な負担となります。


    このようなアルバイトやパートが多くいる企業では、マイナンバーのBPOサービスを利用するメリットが大きいのです。
    また、企業の負担となっているのは収集する作業のほかにもあり、収集したあとの管理にも労力がかかることです。

    毎日新聞を知りたいならご活用ください。

    また、収集作業や管理に関して企業のシステムを返納する費用もかからないということです。



    このサービスを行っている企業では、セキュリティ面も安全であるため、保管に関しても安心できます。